固定表示スペース

お知らせなどをブログのトップページに表示できます。
以下、サンプルの文章です。当テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

各種加算について

各種加算の算定要件などを読み解くキーワード

以下の単語のうち,いくつ算定要件に入っているかで,どのくらい厳しいものかがわかる...

1. 「領域」
2. 「年数」
3. 「研修」
4. 「専従・専任」
5. 「常勤」

各施設がこぞって加算算定を得ようとしている.
しかし
現実問題として,
それらに振り回されることが最優先ではないことに留意する必要がある.

あくまで医療の中心は患者当人(またはその家族など)であり,
国の施策に「おんぶにだっこ」で「振り回される」ことだけは避けなくてはいけない.

どのように,どのくらい,『患者のためになっているのか』を常に念頭に置くことが重要である.

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

アトピー性咳嗽

<症状>
  • 喉頭や気管の掻痒感を伴う乾性咳嗽が主
  • 咳嗽症状の生じやすい時間帯は、就寝時、深夜から早朝、起床時、早朝の順に多い.
  • 咳嗽の誘引として、冷気、暖気、会話、受動喫煙、運動、香水の臭いなどが多いのが特徴.
  • 他のアトピー疾患に罹患したことがあったり、血縁者にもアトピー疾患(皮膚炎だけではありません)に罹患歴あることが多い.
<検査所見の特徴>
  • 気管支拡張薬を吸入して咳は改善せず,悪化もしない.
  • 肺末梢には好酸球は認められず、好酸球性炎症が末梢気道には及んでいないことが特徴で,この点が咳喘息と大きく異なる.
<治療>
  • 気管支拡張薬が無効であることが咳喘息と大きく異なる点.
  • 塩酸フェノキソデナジン(商品名アレグラ®)や塩酸エピナスチン(商品名アレジオン®)などのヒスタミンH1受容体拮抗薬が有効だが,、その有効率は約60%で、咳嗽を完全に軽快させるためにはステロイド薬を必要とする場合が少なくない.
  • 咳嗽が強く吸入ステロイド薬の吸入が困難である場合,経口ステロイド薬(プレドニソロン20~30mg/日を1~2週間)を投与することもある.
  • 将来喘息を発症する事はないと言われるが,咳嗽が軽快して治療を終了すると、約4年間で約50%の患者に咳嗽の再燃を認めるといわれているので注意が必要.


参考:http://www.respiallergy.com/allergy/
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

咳喘息

<診断>
  • 咳喘息は、喘鳴や呼吸困難がなく、慢性的に咳嗽だけが続くもの.正式な喘息ではなく,亜型.
<臨床像>
  • 咳嗽は就寝時、深夜あるいは早期に悪化.
  • 上気道炎、冷気、運動、喫煙、雨天などが増悪因子となることが多い.
  • 喀痰はないか、伴っても少量。
  • 喘鳴はないのが通常.わずかでも喘鳴が認められれば咳喘息とは言わない.
  • 経過中に成人では30%前後に喘鳴が出現し、喘息に移行すると言われる.
<病態>
  • アレルゲンに対するI型アレルギー反応が少なくとも一部の患者に関与すると考えられるが,典型的気管支喘息と比べて明らかでない場合も多い.
<治療>
  • 吸入ステロイド薬の早期導入により、典型的喘息への移行が防止できる可能性あり.
  • 必要に応じて気管支拡張薬(気管支を広げて呼吸を楽にする吸入薬)を一緒に吸入する.
  • 内服薬では、プランルカスト水和物(オノン®)や、モンテルカストナトリウム(シングレア®やキプレス®)などのロイコトリエン拮抗薬、トシル酸スプラタスト(IPD®)の有効性も報告されており,吸入ステロイド薬を何らかの理由で使用できない症例ではこれらの抗アレルギー薬による単剤治療を考慮しても良いと言われる.
  • 急に咳嗽がひどくなった時やステロイド吸入により咳嗽が誘発される場合は、経口ステロイド薬{プレドニソロン(プレドニン®)20~30mg/日を3~7日間を投与する場合もあります。
  • 吸入ステロイド薬を導入しても咳嗽が改善しない場合は気道過敏性検査で咳喘息の診断が妥当かどうかを再検討する.



<参考>http://www.respiallergy.com/allergy/
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

糖尿病治療について

参考資料
「糖尿病治療のエッセンス 2012年版」
http://dl.med.or.jp/dl-med/tounyoubyou/diabetesp2012.pdf
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

高血圧に対する危機感を体験してもらうこと

血圧が高いだけでは特に自覚される症状もなく、患者さんは実感が湧かない。
だから心血管系の症状が出て初めて後悔するものだが、それでは時すでに遅し。
そこで、
高血圧を体験してもらうことで、意識づけを行っていく方法を一つ。


血圧計のマンシェットを腕に巻かずにそのまま加圧し、患者の血圧測定値まで上げる。

それを触らせて、
「あなたの血管に、これだけの圧力が一日10万回もかかっています」
と伝える。

・・・なるほど、自分の体の中でこんな圧がかかり続けていて、大丈夫なわけがない!!
と思ってくれるはず?!

メモ。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

動画の保存形式について

<動画のお勧め保存形式> windowsでもmacでも再生可能なもので

mp4
(比較的最新)


avi
(windowsの標準。比較的古い。)

mpeg
(-1:VHSレベルの画質。)
    (-2:地上波デジタル方法など)
    (-4:モバイル機器、ストリーミング再生に。高圧縮だが画質の劣化は少ない。PCへの負荷も少ない。)



<音声のお勧め保存形式>


mp3
(良く浸透している。ほとんどのPCやスマホに対応)

aac
(mp3の進化版。itunesで良く使用される。若干mp3よりも音質が良いか)
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

血ガスの解釈に関するリンク

以下のページを参考にさせてもらっています。

●ウィキペディア アシドーシスとアルカローシス

●遠隔画像診断.jp 血ガス分析

●new 臨床便覧2014

●血ガス分析

●Doctor`s Illrst Diary

●血液ガスから読みとる酸塩基平衡異常
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

低カリウム血症


カリウムの正常範囲:3.5~5.0mmol/L


【症状】
筋力低下・下肢痙攣・筋肉弛緩
不整脈
イレウス

【治療】
原則はゆっくり補充すること!!
点滴よりも経口の方が安全!!

①経口の場合
 ・一回の内服につき、最大40mEqとする
 ・一日3回で120mEqとなる
 *スローK1錠(600mg)で8mEq、 塩化カリウム1gで13mEq
 
②末梢ルートの場合
 ・最大投与速度は20mEq/h
 ・ブドウ糖は含まないこと!!(GI療法の機序でカリウムが下がる可能性がある)
 ・HCO3も含まない!!(原則としてKが補整されるまで、アシドーシスは補正しない)

・・・となると、

生理食塩水500mlにカリウム20mEq を1時間で投与 

*高Na血症や肺水腫に十分注意すること!!

③中心静脈ルートの場合
 ・最大投与速度は同様に20mEq/hとする
 ・濃度は100mEq/L以内
 ・ブドウ糖やHCO3を含まない補液を用いるのは同様!!



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

看護師教育に関して・・・

〇〇〇看護師の教育・指導に関して〇〇〇

「教育(指導)方法がわからない」とか、
「どうやったら伝わるのか?」
等々、ずいぶん昔から指導にあたる先輩や上司からの悩みの声を聞くことが多い。
また、それらニーズに応えようとしてか、
「指導方法マニュアル」やら
「新人育成のコツ」
なんて書籍や特集を良く目にする。これもまた、ずいぶん昔からだ。
わかりやすいからすぐ飛びつくけど、それでずーっと、悩みが解決していないのには、何か原因があるはず。

これは個人的考えに過ぎないが、
マニュアルとかコツとか、今の看護教育に必要なものはそれではないと思う。
求められているのは、「教える内容」すなわち、「看護そのもの」ではないだろうか。

「何を」教えるか?

当然「看護」に関して教えるのだが、指導する側が「何が看護なのか?」をしっかり理解できていないのではないか?
そう、
教える内容について、私たち指導する側で明確になっていないのが、そもそもの悩みの根源ではないか、と考える。
結局ね、「方法」「内容」ついてくるものだと思うんです。

教える「内容」が明確になれば、おのずと適した「方法」が決まってくる。
そう、思うんだよなあ。。。

看護師の行う業務等が多岐に渡り、かつ施設ごとにずいぶん違うことをしている、
ある意味穴埋め的な?何でも屋って役割が多いから、看護師個人個人が看護の原点を見失ってしまうのも、仕方ないのかもしれないけどね。
だからこそ一生懸命、臨床の現場と、学術の双方で、「看護って何?」を明確にしようと頑張っているのを、応援したいです。
あ、もちろん、そんな自分もがんばらないとだけど。

<まとめ>
★看護教育に関して、まず考えるべきは、「どう教えるか」(方法)ではなく、「何を教えるか」(内容)である


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コミュニケーション技法 「報告」の方法 ~SBARを用いて~

0.「Team STEPPS」、「SBAR」とは?
  • 「Team STEPPS」とは、「Team Strategies and Tool to Enhance Performance and Patient Safety」の頭文字をとったもの。(意味はチームとしてのよりよい実践と患者安全を高めるためのツールと戦略)
  • 国防省がAHRQ(Agency for Healthcare Research and Quality;医療品質研究調査機構)と協力して、医療におけるチームパフォーマンスを向上するため、エビデンスに基づき開発したプログラムである
  • チームパフォーマンスを最大限にあげるために、コミュニケーションスキルは最重要と考える
  • そこで、もともと軍隊などで用いられ、エビデンスに富んだ報告のスキルが「SBAR」である
  • 最低限必要な情報を、確実に相手に伝えるための枠組みの一つである
  • (「I-SBAR-C」は、「SBAR」に「自己と患者の同定(I)」と、「復唱(C)」を追加したもの)


1. 報告のポイント
相手が知りたい情報を,簡潔・明瞭に伝えよう!!

1) まずは,報告する『目的』と『内容』を確認!!

 「なんのため」に,「何を」報告(相談)したいのか,自身の中で確認しよう

2) 緊急性の高いことから,簡潔・明瞭に
 重要なことほど,わかりやすく,結論から伝えよう
⇒「○○さんがショック状態です!!」

3) 具体的・客観的に表現しよう
 「血圧が低いです」 よりも・・・ 「血圧70/40です」

4) 最後に復唱して確認しよう
 人のやりとりには,必ずエラーが潜んでいます

5) 報告に遠慮は不要

 報告(相談)して,問題がなければそれで良い.生命の危機にさらされることだけは避けよう


2. 『I-SBAR-C』に沿ってみよう

Identity自分と患者の同定
  「自分の所属と氏名,患者の氏名」
(○○の△です.患者Sさんの件ですが・・・)
Situation状況
  「今,(患者に)何が起こっているか?!」
(緊急性のあることを,簡潔に)
Background背景  「状況を理解する上で必要な情報は?」
(バイタルサインや既往,身体所見,意識状態など)
Assessment判断・評価
  「自分は何が問題と考えるか」
(~の可能性があるかと思います)
Recommendation 提案・要請
 「どうして欲しいか,どうしたら良いか」
(指示が欲しい,診察して欲しいなど)
Confirm復唱して確認
  「最後に指示を復唱して確認」
(~して経過をみれば良いのですね?)



参考HP:医療安全推進者ネットワーク
http://www.medsafe.net/contents/recent/141teamstepps.html
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。