カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「一般 アレルギー性咳嗽 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

アトピー性咳嗽

<症状>
  • 喉頭や気管の掻痒感を伴う乾性咳嗽が主
  • 咳嗽症状の生じやすい時間帯は、就寝時、深夜から早朝、起床時、早朝の順に多い.
  • 咳嗽の誘引として、冷気、暖気、会話、受動喫煙、運動、香水の臭いなどが多いのが特徴.
  • 他のアトピー疾患に罹患したことがあったり、血縁者にもアトピー疾患(皮膚炎だけではありません)に罹患歴あることが多い.
<検査所見の特徴>
  • 気管支拡張薬を吸入して咳は改善せず,悪化もしない.
  • 肺末梢には好酸球は認められず、好酸球性炎症が末梢気道には及んでいないことが特徴で,この点が咳喘息と大きく異なる.
<治療>
  • 気管支拡張薬が無効であることが咳喘息と大きく異なる点.
  • 塩酸フェノキソデナジン(商品名アレグラ®)や塩酸エピナスチン(商品名アレジオン®)などのヒスタミンH1受容体拮抗薬が有効だが,、その有効率は約60%で、咳嗽を完全に軽快させるためにはステロイド薬を必要とする場合が少なくない.
  • 咳嗽が強く吸入ステロイド薬の吸入が困難である場合,経口ステロイド薬(プレドニソロン20~30mg/日を1~2週間)を投与することもある.
  • 将来喘息を発症する事はないと言われるが,咳嗽が軽快して治療を終了すると、約4年間で約50%の患者に咳嗽の再燃を認めるといわれているので注意が必要.


参考:http://www.respiallergy.com/allergy/
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

咳喘息

<診断>
  • 咳喘息は、喘鳴や呼吸困難がなく、慢性的に咳嗽だけが続くもの.正式な喘息ではなく,亜型.
<臨床像>
  • 咳嗽は就寝時、深夜あるいは早期に悪化.
  • 上気道炎、冷気、運動、喫煙、雨天などが増悪因子となることが多い.
  • 喀痰はないか、伴っても少量。
  • 喘鳴はないのが通常.わずかでも喘鳴が認められれば咳喘息とは言わない.
  • 経過中に成人では30%前後に喘鳴が出現し、喘息に移行すると言われる.
<病態>
  • アレルゲンに対するI型アレルギー反応が少なくとも一部の患者に関与すると考えられるが,典型的気管支喘息と比べて明らかでない場合も多い.
<治療>
  • 吸入ステロイド薬の早期導入により、典型的喘息への移行が防止できる可能性あり.
  • 必要に応じて気管支拡張薬(気管支を広げて呼吸を楽にする吸入薬)を一緒に吸入する.
  • 内服薬では、プランルカスト水和物(オノン®)や、モンテルカストナトリウム(シングレア®やキプレス®)などのロイコトリエン拮抗薬、トシル酸スプラタスト(IPD®)の有効性も報告されており,吸入ステロイド薬を何らかの理由で使用できない症例ではこれらの抗アレルギー薬による単剤治療を考慮しても良いと言われる.
  • 急に咳嗽がひどくなった時やステロイド吸入により咳嗽が誘発される場合は、経口ステロイド薬{プレドニソロン(プレドニン®)20~30mg/日を3~7日間を投与する場合もあります。
  • 吸入ステロイド薬を導入しても咳嗽が改善しない場合は気道過敏性検査で咳喘息の診断が妥当かどうかを再検討する.



<参考>http://www.respiallergy.com/allergy/
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。