スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

人工弁の選択

置換術に使われる人工弁は主に機械弁と生体弁がある。
*僧房弁に関しては弁輪形成術が理想。

【機械弁】カーボン製
<利点>
耐久力がある。壊れることはほとんどない。

<欠点>
血栓がつくことがある。(脳梗塞の原因)
だから一生ワーファリンを内服する。
だから定期的に採血に通院が必要。
出血にも注意しなくてはいけない。
(僧房弁膜症ですでに心房細動を有している場合はワーファリンが必要なので機械弁でも負担はかわらない)


【生体弁】ブタの大動脈弁や牛の心膜を使用している。
<利点>
ワーファリンは通常3ヶ月くらいで内服終了できる。
なので採血のための通院はいらない。

<欠点>
生体なので、弁の変性や石灰化が生じる。
そのため10~20年程度が寿命といわれている。(再手術が必要)

生体弁の適応:
妊娠の可能性がある女性(抗凝固療法ができない)
高齢者(手術が一度で良い。定期的な内服、通院が難しい。
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。