スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

右室梗塞について

【右室梗塞(right ventricular infarction)について】
冠動脈の閉塞により、左室ではなく、右室側の心筋が壊死すること。

AMIのうち12~43%に合併、
特に下壁閉塞のうち、約1/3に合併すると言われている。
(右室梗塞単独症例は少なく、3.3%)

<症状>
右心不全症状が主。(頸静脈怒張,Kussmaul徴候,四肢冷感,血圧低下など)

kussmaul徴候というのは怒張した頸静脈が深吸気により更に増強することで、正常例では吸気時に胸腔内圧が低下するために静脈圧が低下するが,右室梗塞例では右室拡張不全による右室流入障害のために静脈圧が上昇してしまうため、出現する。
胸部X線写真:肺鬱血はないか,あっても軽いことが特徴。

<診断>
心エコーにて右室の壁運動低下、または右室拡大がみられる
・右側胸部誘導心電図にて、V1,V3r~V6r(特V3r,V4r)で1mm以上のST上昇、または異常Q波を認める
・RAP≧10mmHg
・RAP≧PCWP

<合併症>
房室ブロック (右冠状動脈閉塞による房室結節への血流不全)

右室だけの梗塞があっても、心機能への影響は少ない。(およそ5%くらいの低下)
しかし、術後管理する上で、
「どうもCVPが高めじゃないと(ボリュームがないと)血圧が維持できないなあ」
なんて時は右室梗塞を疑う。



<禁忌>
右室梗塞時はそれ自体の収縮力が低下しているので、ある程度「張った状態」(=前負荷が高い状態)でなければ心拍出量を維持できない。そのため、「ニトロール」「ミリスロール(ミオコール)」(=主に静脈を拡張することで『前負荷』を減少させ、血圧を低下させる)、また利尿剤などの使用は前負荷を軽減させ、心拍出量の低下につながり、ショック状態を引き起こすことにつながる可能性があるため、原則禁忌となっている。(状況による)

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。