スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

術後の血圧コントロール

「どちらかというと血圧を高めに維持したい」 ( BP>120/ )
 ・動脈グラフトを用いたバイパス術。
 ・脳動脈、腎動脈に狭窄がある症例
 ・術前から血圧が高かった症例(動脈硬化が強い)

「どちらかというと低めに維持したい」 (100/<BP<120/くらい)
 ・大動脈置換術(TAA、AAA)
 ・大動脈弁置換術AVR
 ・左室縫合術(SAVE、Dor、Batista)
 ・術後の出血が多い症例

「できるだけ低めに維持したい」 (BP=100/前後)
 ・大動脈形成術
 ・僧房弁形成術(MAP)


術後の血圧コントロールについての薬剤は、

<血管拡張剤・降圧剤>を参照。
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。