スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

心室瘤、拡張型心筋肥大症など・・・

【術式】左室形成術(Dor、SAVE、Batistaなど)

左室切除術後は回復状態に寄らず、心拍出量が減少していることがある。(左室内腔の減少より)
出血リスクも高く、血圧は低め、低心拍数、低心拍出量で抑えることも重要。
remodlingの経過が重要。左室内腔があからさまに減少することより、「全身」と「心臓(心パフォーマンス)」とのバランスがとれるまでに時間を要する場合が多い。(7~10日かかることも多い)
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。