スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

人工心肺使用時の注意など

★人工心肺の弊害・・・6~12時間後から出現する。状態が良好なら24時間後より軽減していく

・ローラーにて押しつぶされた血液が炎症を引き起こす。結果、血管の透過性が亢進し、浮腫の原因になる(もちろん心臓も「腫れる」!!)
 (脳ならば意識障害、腎臓ならば腎不全、肝機能低下など)
・血小板が壊されて凝固作用が下がる
・脳塞栓の可能性(ct上映らない柔らかい血栓が怖い)
・大動脈解離の可能性
・チューブからの微細なゴミや空気のカスが飛んで、結果「ポンプヘッド」(明らかではないが脳障害によるものと思われる記憶障害や集中力の低下、鬱など)になる可能性
・心停止液(主にk濃度が20メック程度に調整されている)冠動脈還流は15~30分毎。それでも3 時間以上は続けると心臓に悪影響と思われる。
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。