閉塞性動脈硬化症(ASO)

何らかの原因により末梢動脈が狭窄・閉塞したために四肢末梢に循環障害(虚血)を来した病態を総称して「末梢動脈閉塞症」(peripheral arterial disease;PAD)と呼ぶ。
なかでももっとも頻度の高い、動脈硬化に由来した慢性的な四肢末梢動脈の狭窄・閉塞による循環障害症状(冷感、しびれ感、下肢疼痛、壊疽など)を来した病態を閉塞性動脈硬化症と呼ぶ。

閉塞性動脈硬化症(arteriosclerosis obliterans ; ASO)

<ASOの患者に多くみられる合併症>
冠状動脈疾患・・・ASOの患者の約70%に狭窄・閉塞がみられる。
頸動脈    ・・・ASOの患者の約30%に狭窄・閉塞がみられる。

*2002年「脈管学」より



Fontaine分類(重症度による分類)

1度:冷感、しびれがある。
2度:少し歩くと痛む。(間欠性跛行)
3度:安静時痛がある。
4度:潰瘍や壊死ができる。

<治療方法>
○理学療法(運動療法や温熱療法)
・運動療法(血管リハビリテーション)
 Fontaine2度初期に適応
 痛みが出ない程度に歩行する。それを長期的に(たとえば3か月)継続することで側副血行路を成長させる。
・温熱療法
炭酸泉足浴を行うことにより、皮膚に付着する炭酸ガスが増加し、中枢へ酸素不足の信号が送られることで、血管拡張が促進され、血流量の増加を促がす。
また、自律神経系への作用や、ヘモグロビンの酸素解離促進作用も報告されている。安全性が高く、施行も容易だが、治療効果の持続性はないため、他の治療手段との併用が必要。

○薬物療法
・内服薬:プロサイリン、アンプラーグ、パナルジン、エパデールなど
・注射薬:パルクス、プロスタンディン、スロンノン、ディフィブラーゼなど

○外科的手術
・バイパス術
・血栓内膜除去術(thrombo endarterectomy:TEA)
・交感神経切除術

○内科的治療
・バルーン拡張術
・ステント留置術
・アテレクトミー

○血管新生療法:血管増殖因子やその遺伝子などを用いて、側副血行路を発達させ、虚血状態を改善する治療法。(主に肝細胞増殖因子(hepatocyte growth factor;HGF)遺伝子を用いる)



<似たような症状で>
脊柱管狭窄症(SCS)
・加齢などで脊柱管が狭くなり、神経や血管が圧迫されてしびれ・痛みが
・ASOと比較して、
  ・両足に同時に症状がある
  ・腰痛も合併することがある
  ・大腿部や殿部に症状があることが多い
  ・安静時疼痛はない
  ・歩行に関係ない



関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

どうも初めまして(>_<)
まだまだ未熟看護師です!!
今、閉塞性動脈硬化症について、私も現在調べております!!

禁忌薬についてお伺いしたいのですが・・・β遮断薬が第1に上がるのは分かるのですが、もう一つあるようなのです!!それをご存じでしょうか?いろいろ考えてみて、昇圧剤や利尿剤とか?といろいろ調べてはいるのですが、なかなか分からず(;一_一)もしよろしければ、教えていただけないでしょうか!?まだまだこれからも自分なりに探ってみたいと思います(>_<)長々と失礼しました
使用禁忌薬剤
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。

禁忌薬剤、正直あまり考えたことがありませんでした。(汗)

んで、
自分なりに考えてみましたが、

【禁忌薬剤とは】
1.血管収縮させる
2.血液凝固作用がある
3.虚血筋の酸素消費量を増加する

あたりでしょうか。


そこで調べてみましたが、

1.血管収縮作用のある薬:片頭痛の治療に用いるカフェルゴットやイミグラン、口腔乾燥症状改善薬のサリグレンやエボザックなど
(あと、例えばα作用のある薬剤は全て禁忌ってことになるのでしょうか?)

2.血液凝固能を高めるホルモン系薬剤:経口避妊薬など

3.???


*βブロッカーに関しては、今までは末梢循環に対して悪化させる可能性があると言われていたようですが、最近(2006年)くらいの米データでは死亡率を改善させる効果が認められたそうです。
一時的な影響よりも、身体全体へのリスクを下げる効果があったということでしょうか?
(詳細はわかりません)


禁忌薬剤も大切ですね。
僕ももう少しお勉強してみます。
何かわかったら教えてくださいねv-7

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)