スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

点滴滴下数の計算式

<点滴滴下数の計算式>

1分間の滴下数 = 1時間に輸液したい量(ml)÷60×輸液セットの滴下量(1ml≒20滴など)

EX)
1時間で100ml輸液したい場合・・・(新・成人用輸液セット1ml≒20滴下を使用)

100÷60(分)×20=33.33・・・ ≒ 1分間に約33滴  
となるが・・・

知りたいのは「1分間の滴下数」ではない!!(1分もカウントしていられないのが臨床ですよね?w)

なので逆算にて、「1滴当たりかかる秒数」を出すと・・・

→ 60(秒)÷33(滴) ≒ 1.8秒に一滴

となる。


そこで、面倒なので『1ml≒20滴セット』で早見表を作ってみると・・・

 

1時間当たり
輸液量
1分間の
滴下数
何秒に
一滴か?
50
16滴
3.6秒
100
33滴
1.8秒
200
66滴
0.9秒
250
83滴
0.7秒


こんな感じでした。

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

心エコー、レントゲンの見方
http://citec.fc2web.com/shiryou/shiryou.htm
1ml≒20ml
 ↓
1ml≒20滴下
ありがとうございました♪
今困っていたところでした
これ、計算式間違ってますよね?
どう計算しても33.3…にはならないです。

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。