スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

心臓血管手術の術前検査の概要

【採血】
・血算
・生化学検査
・血糖(75g負荷試験も必要時)
・凝固系全般
・感染症(HBV HCV STS HIV : 検査同意書が必要 )
・血液型
甲状腺機能(TSH FT3 FT4 )
ANP BNP
24時間CCr(腎機能)
動脈血液ガス分析(結構必要だと思う)
【胸部・腹部レントゲン】
(術後の比較用に術前一週間以内が理想)
【12誘導心電図】
【心臓エコー】(心臓機能の大枠を掴む。低侵襲。)
【頚動脈エコー】(脳への虚血が一番怖い)
【RI検査】(虚血部位確定。冬眠・気絶心筋。EFは一番実際値に近いことが多い)
【心臓カテーテル検査】(コロナリーは絶対。)
【CT検査】(頭部を含め全身。上行Aoの走行や石灰化レベル。他大動脈の壁在血栓の有無など。PCPS、IABPの挿入を念頭においたCIA~SFAの走行をみる。)
【呼吸機能検査】
【ABI】(動脈硬化の具合をみる)
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

ありがとうございます。参考にさせてもらいます。ヘルツは奥が深いですよね。。。そこが楽しいですが、怖いところでもあります。私は心臓4年目ですが、CABGやヘルツOP後の看護をメインにした良い参考書があれば教えてもらえませんか?今使っているのはナースのチカラCABG編です。
あわわ
全然答えになっていませんでした。ごめんなさい。

基本的に自分の考えが中心で、正直どこまで正しいかは言えない内容で申し訳ないです。

もう少ししたら自分なりの術前情報の参考の仕方などを載せてみますので、しばしお待ちください。。。

PS:ナースの力(CABG編)もわかりやすいですよね。

術後の管理のいう視点の参考書は今はあまり見てないのですが、「ICUブック」とかは好きです。
あとは麻酔科関連の本が比較的わかりやすい気がします。
色々ありがとうございます。麻酔系の本見てみます。基本病棟なのでガンツや動脈モニターなどはみれません・・・。ICUブックは国循が監修しているものですか?たびたびすみません(゜o゜)
お勧めの・・・
いえいえ。
例えば一冊あげるとしたら、

『THE ICU BOOK』
メディカルサイエンスインターナショナル(11000円くらい)
とかはやや難しいかもしれないけど、参考になることが多いです。
あとは、

『循環器治療薬ファイル』
メディカルサイエンスインターナショナル(6000円)
とかはシリーズモノで、比較的わかりやすいです。(やや病院ごとの特色も見受けられますが)


今度こういう参考書系のリンクでも載せたらいいかもしれませんね。
考えておきます。
心臓カテーテル
心臓カテーテル検査について質問なんですが、カテ挿入は撓骨からだったりソケイからだったりしますよね。
直後は安静度が問題になってくるので部位の把握は重要だと思いますが
、既往として心臓カテーテルとあった場合、部位によって何か注意するポイントはありますか?
Re: 心臓カテーテル
> 心臓カテーテル検査について質問なんですが、カテ挿入は撓骨からだったりソケイからだったりしますよね。
> 直後は安静度が問題になってくるので部位の把握は重要だと思いますが
> 、既往として心臓カテーテルとあった場合、部位によって何か注意するポイントはあります

みみさんこんにちわ.
既往ということは,おそらくすでに日数が経っているんですよね?
だとしたらおっしゃるように,特に注意する必要はないと思います.

もちろん,それで穿刺部の末梢側で脈が触れない,もしくは穿刺部位になんか塊がある(血腫)・・・なんてことがあったら問題ですけどね.

現在の病棟でなにかしら関連した治療をする予定があるのであれば,ものによっては関連があるかもしれませんが.
ほかむぅさん、ありがとうございます。
穿刺部の末梢側で脈が触れない、血腫がある=穿刺部で血管閉塞を起こして循環が悪くなっているってことですよね。なるほどそこが観察点なんですね!そしたらDr報告ですね。
ありがとうございました(*'‐'*)
Re: 術後の血圧コントロールについて
>おかゆ様
ご質問、というかご指摘ありがとうございます。
ほんとですね、矛盾矛盾。

もう一度見直し、またちょっと調べてみたところ、
①大動脈弁狭窄症では、心筋が肥大している例が多い。
②なので冠灌流圧を高めに維持しないと、冠動脈の末梢まで必要な血流が保てない。
③冠還流圧は、大動脈圧の拡張期圧と等しいので・・・この場合、

×「血圧を高めに維持する」ではなく、

○「拡張期圧を高めに維持する」が正しいかもしれません。

じゃあどのくらい?と聞かれると微妙ですが、少なくとも50~60mmHgは維持しないといけないようです。
これ以下になると、冠動脈への血流量が急激に低下するとのことで、心筋肥大症例ではもっと高く維持したいところなのかもしれませんが。。。
(ソースを勝手にアップするのは良くないかと思い、あえて挙げていません)

ちょっとお勉強できました。ありがとうございます。
おわかりいただけたでしょうか?

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。