スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

カテコラミン系

<カテコラミン系> 

α作用
末梢動脈収縮作用
β1作用
陽性変力作用
β2作用
末梢動脈拡張
腎動脈拡張
DoA
中等量から
+~++
中等量から
+~++
なし
低・中等量のみ
++
DoB
+++
++
なし
NAD
+++
+++
なし
なし

 


カテコラミンの基本的見解として、
DoAは血圧上昇に加え、利尿作用も期待したい時に使う。
DoBはストレートに心拍出量を上げたい時に選択。But!!DoBは血圧をむしろ下げることになるため、注意が必要。(β作用=末梢動脈拡張作用があるから!!)双方を意識して併用したい。
また、他の薬剤(ミリスロールや利尿剤)も使い前負荷を軽減しながら使う。
NADは心筋の酸素消費量が一番高いと考え、心筋保護したい時(AMI後、心不全や術直後など)には第一選択にはしない。
中止時は漸減することとし、急には止めない。(少量時こそ慎重に。)


<DoAについて>  イノバンなど



・ 作用機序:強心作用と利尿作用、血管収縮作用
・ 特徴
・ 低容量(2~4γ):腎動脈拡張から利尿作用を期待。心収縮力も少しはある。
・ 中等量以上(5γ以上):末梢血管収縮。心収縮作用。利尿作用はなくなると考える。
             逆に心臓の仕事量は増えることになり、心筋保護の面では厳しい。
・ 注意点:心室性不整脈に注意(DoB以上に起こりやすい)耐性は起こる。消化管系への循環不良からくる「麻痺性イレウス」に注意。


<DoBについて> ドブックス、ドブトレックスなど


・ 作用機序:心臓選択的作用。
・ 特徴:心拍出量をあげる。しかし、血圧自体は下げる。陽性変力作用では常にDoAを上回る。心筋の酸素消費量、そして心拍数の増加はDoAより少ないと考え、心筋保護の面では有利である。末梢血管拡張作用があり、肺うっ血などの改善に役立つ。これによる、血圧低下はほとんど起こらない。
不整脈作用は少ないと考えられている。
・すなわち右心不全に有効なことが多い。肺動脈圧は低下。
・ 注意点:昇圧作用より、むしろ降圧作用である。がしかし10γ以上では血管収縮作用も出現。もちろん耐性もある。


<NADについて> ノルアドレナリン


・ 作用機序:強いα作用。末梢血管を収縮させ、昇圧する。
・ 特徴:特にゼプシスショック(敗血症性ショック)の時はこれしか効かないことが多い。
・ 注意点:催不整脈作用に注意。 末梢循環不全の患者には特に注意を要する。(さらに悪化させる可能性あり)
・当然肺動脈圧も上昇させる (術後は注意したい)




【カテコラミンの効果を取り戻す?ステロイド薬】

カテコラ大量投与中の患者に対するステロイドの効用として、

カテコラミン大量投与中の患者のカテコラミンレセプターは「しっかり機能していないレセプター」が存在するらしい。んで、ステロイドによってそれらの『さぼり中』のレセプターを「再起動」させる効果があるとのこと。

レセプターを増やすわけではないが、カテコラミンの効果が「戻る」というイメージらしい。

 

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

こんばんは。また教えてください。AAAOP後2日目で帰室してきたおですがHrもでないためDOAがつながって帰ってきました。しかし、BPコントロールも不良でBPの内服を追加そますが下がらず指示のアダラートを適宜内服しています。後輩になんでBPが高いのにわざわざDOAを使うのかDOAは血圧あげるのではと質問を受けました。利尿が図れていないからといっても当院でも珍しいケースです。
なんでしょう?
お久しぶりです。

どのくらいのγ数で使用しているかわかりませんが、DoAはさほど昇圧効果はないという前提の下で、腎血流の増大を狙ってのことではないでしょうか?
Ca拮抗剤のフォーカス血管が基本的に動脈ではありますが、内臓血管にはあまり影響がないから・・・とかの理由でしょうかね?

なんとなく、それならDoAに期待せず、ハンプとか使った方が良さそうに感じますが。

AAAといっても、腎動脈再建術が含まれたとか、条件も変わってくるのかもしれませんね。

もしよろしければ、その後のDrの答えなど、経過を教えてくれると勉強になります。

よろしくお願いします。
ありがとうございます。Drに確認してみます。またコメントさせてもらいます。(*^_^*)いつもこのサイトに助けられて教えてるコ達にも広めています~。
Re: タイトルなし
助けられてなんて言われると困ります。
こんなブログ(?)で。。。

むしろ一緒に勉強に付き合ってもらってありがとうございます。
またのお返事お待ちしておりますね~!
お疲れ様です(*^_^*)
この間のDOA使あ用の件ですがDrに確認してみました。元々腎機能の2.0代と悪くHrペースが不良だったため使用したみたいです。ハンプでもOKと言っていましたがBP上昇の関してはDOAはあまり考えていないみたいでした。でも結局呼吸状態が悪化したり心不全が憎悪してハンプに変えてもらいました・・・。その時患者は自覚なくR苦も全くなく雑音もなかったけどSPO2が70後半から80前半までしか上がらず最初は不覚にも感知ができてないのかと思いました。またひとつ経験でした(;_;
>帽子さま
昇圧作用ではなく、利尿作用を考えてのDoA使用だったと。

それならまあ納得できますね。
(それでもやっぱりハンプを積極的に使う方が良い気がしますが)

SpO280代はちょっとイヤですね。僕はそのままで経過観察はできないかも。。

ほんと、一つ一つの症例が勉強ですね。僕もがんばります。
Re: 教えてください
> 心不全の患者さんで胸水貯留しておりミオコール使用していた目的と最終的に血管拡張薬・利尿薬に加えDOBも使用していた理由。
>
> これは血管拡張薬・利尿薬では効果が得られないため強心薬を使用したのか・・・血圧維持のため?詳しく教えていただけるとありがたいです(><)

★こんばんは。管理人です。

その方の心機能など、バッググラウンドにもよるかと思いますが、単純に考えて、
ミオコールにより、
1.心臓への前負荷を軽減(静脈系血管の拡張作用)
2.冠動脈への血流増大(維持?)
を狙い、

Dobにより、
1.心拍出力を高め(できるだけ心臓から血液を送り出し)、
2.後負荷を軽減する(末梢動脈血管の拡張作用)
を狙ったのではないでしょうか?

もちろんこれらは姑息的な対症療法なので、最終的には体内の余分な水分は排泄しなくてはいけないので、
利尿剤は使用すると思います。

こんな感じでしょうか?
(質問に鍵マークがついていたけど、できれば公表して僕の返答が間違っていないか、他の方にもみていただきたかったのですが、よろしかったでしょうか?)
ありがとうございます(><)
全然いいです。ありがとうございます。
その方は胸水貯留が著名でエコー所見ではMRシビアでIVCも著明にはっているのですがEFは70~80%ありました。なぜDOBとかを使っていて状態はかなり悪いはずなのにEFは良い値なのでしょうか?

あとTRPGって何の略ですか?

基礎知識がないのでいろいろ本を読んだり勉強をしているつもりなのですが難しい言葉が多く理解できていない部分が多く困ります(T_T)
Re: ありがとうございます(><)
> 全然いいです。ありがとうございます。
> その方は胸水貯留が著名でエコー所見ではMRシビアでIVCも著明にはっているのですがEFは70~80%ありました。なぜDOBとかを使っていて状態はかなり悪いはずなのにEFは良い値なのでしょうか?

★EFはエコー所見ですか?
 単純に、Dobを使って心拍出力をあげているから・・・ではないのかな?
 すいません、エコー、またスワンガンツでの計測方法の違いが関係あるのか、MRが関係あるのか、
 今の僕にはわかりません。どなたか教えて・・・w
 

> あとTRPGって何の略ですか?
★話の流れから、
三尖弁閉鎖不全 TR(tricuspid regurgitation)
と、
圧較差 PG(pressure gradient)
だと思います。
追記です
★追記です。

心エコーの駆出率(EF)について
心機能が傷害される順番は必ず拡張能→収縮能なので,EFが低下していれば拡張能は必ず低下するが、拡張不全があったとしてもEFが正常な場合がある。こうした心不全例をheart failure with preserved EF(HFpEF)と呼ぶそうです。高血圧によるの心不全とか・・・。
このあたりからヒントがありそうですね。
ありがとうございます!
圧較差ってなんなのでしょう?
正常値はどれくらいでそれが高かったり低かったりしたらどうなんですか?

DOBを使用しgて心拍出量を上げEFが良いのはわかりますがその方はDOBを使用する前から良かったんです(><)

追記ありがとうございます!

そんな例があるんですね!
高血圧性だったのかはちょっと不明ですが他に関係するようなものはありますか?

たくさん質問すいません。。

いろいろ教えていただきありがとうございます。かなり助かります!!
MRの場合、収縮期に左心室にかかるべき負荷が左房へ逃げる為、左室収縮は良好、見かけ上EFが過大評価される。とDrより聞いたことがあります。
追記、ありがとうございます~

なるほど確かにイメージできます。ありがとうございます!!

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。