スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

院内救急対応(その2)

『AHA2005ガイドライン』『ヨーロッパ蘇生協議会(ERC)の心肺蘇生法ガイドライン2005』を参考に、管理人hokamuが院内を想定して、最も現実的な流れで考えたものである。


<院内における第一発見者は>
・絶対患者の側から離れない
・すべての医療専従者は心停止を診断し、助けを呼び CPRを開始することができるべきである

発見⇒「どうしました?」と身体をゆする

意識レベルを確認、反応がない時点で応援を要請

○ABC
A:気道確保(頭部後屈あご先挙上法)

B:呼吸確認(見て・きいて・感じて)10秒以内
人工呼吸×2(胸が上がる程度。1回につき1秒くらい吹き込む)

   【バックバルブマスクが到着していたら】
     1ℓサイズなら1/2~2/3程度で、
     2ℓサイズなら1/3程度でおよそ1回換気量500~600mlとなる


C:循環の確認(頚動脈触知。指三本使う)10秒以内

【確認できなければ】

CPR開始(以下?~?の流れを5サイクル続ける)
?心臓マッサージ(100回/分の速さ) <『胸骨圧迫』と呼ぶ方が適しているかもしれない>
 的確に胸骨下半分を両手を重ねて(乳頭間)
 4~5cmの深さ
 圧迫:解除=1:1の比率で(胸壁の戻りを待つこと)
 
?人工呼吸(心マ30回につき2回)
 胸が上がる程度(1回換気量は500~600mlあれば十分)
 「みて」送気を確認
 8~10回以上しないこと(心拍出量減少の原因になる)

○?~?を5サイクル終えてから脈拍チェック(頚動脈触知のみ。10秒以内)

 以上を除細動器が到着するまで確実に継続する

【除細動器、モニター到着】
どちらかでモニタリングし、リズムを評価する

【VT、Vfなど除細動適応なら】   【心静止、PEAなど除細動不適応なら】

 

参考:ヨーロッパ蘇生協議会(ERC)の心肺蘇生法ガイドライン 2005

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。