スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

水分管理に関して

【水引きのポイント】
カテコラミン+輸液等にて血圧を維持し、
末梢循環不全の解消して、
膠質浸透圧を上げて血管外から血管内へ水を引き込む状態を作り、
引き込むスピードを超えないように利尿剤などで除水する

血圧を維持しつつ、尿量を確保する

また他にも、CVP、PA圧、pawp、SVV、にてボリューム管理を行うが、
その時その時の数値のみを基準にせず、各データに加え、皮膚の乾燥や口渇の有無など他覚的な症状も含め、
総合的、かつ「経時的」(要するに「値がどう動くか」が重要)に判断することが肝要である


一般的に、術後36~48時間程度より「利尿期(relilling)」となる

必要アルブミン投与量(本数)= (出血量+セルセーバー処理量)÷400



【アルブミン含有量】
25%アルブミン1V(50ml) = 5%アルブミナー1V(250ml)=FFP 2単位(240ml)  
これらの合計本数が必要本数を常に上回るようにそれぞれを投与を考慮する。

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。