抗凝固薬の中止時期の目安

14日前
パナルジン錠(100mg)
ブラピックス錠(25・75mg)

7日前
バイアスピリン(100mg)
エパデール(300mg)

3~5日前
ワーファリン(1mg)

3日前
プレタール(100mg)
オパルモン(5ug)
ドルナー(20ug)
ペルサンチン(25mg)

1日前
アンプラーグ(100mg)
コメリアン(50mg)
セロクラール(20mg)
ロコルナール(100mg)


抜歯の時、また手術の際には専門医のアドバイスを受けて
中止薬の時期を決める。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

突然すいません
こんにちは。看護師1年目ですが手術前に抗凝固薬を中止し、ヘパリン投与する理由がいまいち理解できません。理由を教えて下さい。
Re: 突然すいません
りんごさん、こんにちは。
その患者さんの疾患と、現在それに対して処方されている抗凝固剤の半減期(抗凝固作用がどのくらい続くか)にもよるかと思いますが、ヘパリンで、術前(3時間前とか、6時間前とか・・・だったかな)にはヘパリンも止め、メスを入れる時には抗凝固作用が弱まっているのが理想なのだと思います。
ようは術前の血栓閉塞リスクと、術中術後の出血リスクを最小限に・・・ということだと。間違っていたり、説明が不足している時は教えてください~

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)