スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サードスペースとは?

生体が外傷や手術などの侵襲(ストレス)を受けると
生体炎症反応やストレスホルモンの分泌によって血管透過性が亢進する
その結果、
血管内に留まっている水分やNaが血管外へ漏出し、
細胞内でも血管内でもない場所に留まる減少が起こる。
このように、水やNaが細胞内でも血管内でもない(非機能的細胞外液)場所にたまっている部分を、
通例でサードスペースなどと呼ぶが、明確な根拠はない。

<新しい考え方?>
1st space = 血管内
2st space = 血管外
3st space =血管内と行き来できない血管外
       ↓

1st space = 血管内
2st space = グリコカリックス?(細胞外高分子物質(糖たんぱく質)を指す一般的な名称)
3st space = 間質?

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。